株式会社丸運

RECRUIT

仕事を知る

物流によって物をひとつ運ぶためにも、様々な仕事・人が関わっています。

その中でも、丸運を支える代表的な仕事、活躍する社員をご紹介します。

物流センター管理

丸運の物流センターは、物を保管する“倉庫機能”と、物を運ぶ“輸送機能”とで成り立っています。

そうした丸運の物流を支える倉庫作業や輸送業務は、関係子会社へ委託しているため、委託先の社員を管理し、共に作業をしながら指示を出す管理者としての役割が「物流センター管理」の仕事です。

物流センターは物流の原点ともいえる重要な基幹施設ですので、物流の根幹やダイナミックさをダイレクトに感じることができるのが特徴です。

物流営業

丸運は、段ボールに詰め込まれた一般貨物だけに留まらず、重量品や石油など様々なモノを取り扱う総合物流企業ですので、業界問わず様々なクライアントと仕事をしています。

そうしたクライアントが物流に何を求め、丸運に何を期待しているのかを敏感に察知し、物流を提案するのが「物流営業」の仕事です。

物流を依頼するクライアントと、物流を発信する物流センターとの間に立つことが求められる仕事ですので、調整力が必要とされる場面が多いのも特徴です。

カスタマーサポート

国際物流において、物流を依頼するクライアントと、航空機や船舶による物流を行う企業との間に立ち、物流が滞りなく行えるよう調整する仕事が「カスタマーサポート」です。

この調整する仕事を“コーディネート”といい、丸運の国際物流を担う重要な仕事です。

航空機や船舶を使用する物流は、天候や海外経済によって左右される場合も多いため、トラブル対応なども求められることから、臨機応変な対応が必要とされるのが特徴です。

コーポレート

機能として“総務”“経理”“人事”“システム”など様々な役割があり、社会を縁の下で支える物流企業を、さらに縁の下で支えるのが「コーポレート」の仕事といえます。

コーポレートのクライアントは丸運の社員ですので、クライアントが滞りなく業務にあたれるよう日々サポートしています。

また、物流業界は日進月歩で変化し、法律も日々変わっていますので、それらに対応するため、専門知識やトレンドを学び、業務に取り入れることが求められるのも特徴です。

特に、現代の物流には物流システムが必要不可欠で、丸運は総合物流企業としてシステム開発も行っているため、その役割は非常に重要です。

TOP