株式会社丸運

丸運のあゆみ

丸運グループは、明治・大正の産業勃興期、昭和の戦後復興期、高度成長期、そして平成・令和と日本経済の発展に物流事業で貢献してきています。

1892(明治25年)

天龍運輸会社を創業

金原明善が天竜川流域と東京で鉄道による木材輸送事業を興す(丸運の創業)
1928(昭和3年)

天龍運送(株)設立

天龍運輸が天龍運送(株)を設立
1941(昭和16年)

日本通運との統合

陸運非常体制の下、天龍運輸と天龍運送が日本通運(株)に統合
1950(昭和25年)

天龍木下運輸(株)に社名変更

(株)鉄道木下組の陸上輸送部門を譲り受け、社名を変更
1960(昭和35年)

社名を「株式会社丸運」に変更

天龍木下運輸の社章に因み社名を変更
1960(昭和35年)

株式を東京市場に公開

1992(平成4年)

創業100周年

2008(平成20年)

中国に初の現地法人を設立

丸運国際貨運代理(上海)を設立
2011(平成23年)

本社移転

現在の本社所在地である東京都中央区日本橋小網町に移転
2011(平成23年)

中国に現地法人を設立

地元資本との共同出資(当社70%)で丸運安科迅物流(常州)を設立
2015(平成27年)

丸運物流(天津)を設立

中国の現地法人体制の整備が進展
2015(平成27年)

「丸運グループ経営理念」を制定

2017(平成29年)

丸運グループの経営体系を整備
「長期経営ビジョン」を策定

2017(平成29年)

丸運物流ベトナムを設立

メコンデルタ地域への進出拠点として設立
2020(令和2年)

第三次中期経営計画を策定