株式会社丸運

基本的な考え方

SDGsをはじめとする社会課題の解決への取り組みが広がり、そして、企業に対する要請も高まっています。
このような経営環境の中、丸運グループは、社会活動の重要なインフラを担う物流会社として、社会が直面している課題の解決に向けて取り組む大きな責任を有していると認識しています。

丸運グループは、企業の持続的な発展を果たすためには、社会から信頼される存在であるべきと認識しています。
この認識のもと、当社グループは、これまで企業の社会的責任を果たすべくCSR活動に取り組んできました。
企業を取り巻く環境変化の中、丸運グループ経営理念のもと、多様なステークホルダーとの協同により、持続可能な社会の実現を目指してサステナビリティと経営の統合を図るべく、ESGを中核に置いた経営体制へ移行することを表明し、2021年4月にESG経営を統括する構造改革推進部を設置しました。

今後は、ESG課題の経営としての取組みを具体化するとともに、ステークホルダーに対する積極的な情報開示に取り組んでいきます。

社会的価値の創出と経済的価値の創出による企業価値の向上

持続可能な開発目標(SDGs)への取組み

SDGsは、2015年9月に開催された国連サミットにおいて全会一致で採択された「誰一人取り残されない」持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現のため、2030年までに地球規模で解決すべき17の目標とそれらを達成するための具体的な169のターゲットで構成されています。

丸運グループは、国際社会の共通した目標である「持続可能な開発目標の重要性を認識し、当社グループが取り組むべき課題の解決を通じて、SDGsの達成に貢献していきます。

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS 1 貧困をなくそう 2 飢餓をゼロに 3 すべての人に健康と福祉を 4 質の高い教育をみんなに 5 ジェンダー平等を実現しよう 6 安全な水とトイレを世界中に 7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに 8 働きがいも経済成長も 9 産業と技術革新の基盤をつくろう 10 人や国の不平等をなくそう 11 住み続けられるまちづくりを 12 つくる責任 つかう責任 13 気候変動に具体的な対策を 14 海の豊かさを守ろう 15 陸の豊かさも守ろう 16 平和と公正をすべての人に 17 パートナーシップで目標を達成しよう